キャッシングガイド

キャッシングの疑問

キャッシングとは?

キャッシングとは、「金融機関」といわれる企業などから自分の自由な目的の為に現金を借りることができる仕組みを言います。
一般的に、保証人や担保といったものが不要で、簡単に現金を借りることが可能です。
近年非常に利用者が多くなり、多くの業者が個人向けローン事業を行っています。キャッシングが可能な金融機関を挙げると、銀行、そして郵便局、信販会社、クレジットカード会社、消費者金融などがあります。なお、各業者によって審査基準や利息、返済方法などに多少違いがあるでしょう。

どの位借りることが可能?

多くの業者の融資額は最低1万円〜最大50万円程度となっているようです。しかし、だからと言って、50万円をすべての人が借りれるという訳ではないのです。人によっては上限5万円の場合があったり・・・と個人差があるでしょう。クレジット現金化は、クレジットカードのショッピング枠内の金額を現金化する事ができます。ただし、10万円残っていたとしても10 万円そっくりそのまま現金化できるわけではありません。

女性専用とはなんですか?

0

今まで、消費者金融での融資は、「サラリーローンといって主に男性のサラリーマンをターゲットとしてきました。しかし昨今では、社会情勢の変化などによって、女性の方の利用も増加しつつあります。

ですが女性側からは、お金を借りることに抵抗があったり、男性スタッフに対応されるのは多少不満があったり・・などといった声も多かったようです。女性専用キャシング サービスは、このような女性の声に応えるように誕生したサービスなのです。女性専用キャシング サービスの場合は、応対するスタッフはすべて女性スタッフだったりと、女性の方が安心して気軽に利用しやすい環境と言えるでしょう。クレジット枠 現金化は男性、女性、学生など関係なくすべての人に対応していますので、便利です。

誰でも借りることができる?
消費者金融と他の金融会社との違いは?

消費者金融のほかにも、信販会社やクレジット会社、銀行などの金融会社が存在します。消費者金融はその中でも、金利・貸付限度額は他業態と変わりませんが、与信面・返済面・サービス面などでは優位に立っていると言えます。例えるなら、自動契約機などで土・日・祝日でも申し込みが可能です。銀行などの時間外手数料に相当するものも不要になります。

利率計算とは?

例として、10万円を29.2%の年利で30日間借りた際の計算方法は→10万円×0.292%÷365日×30日=2,400円となります。そして、2,400円が30日間分の利息となるのです。なお、年利率というものは法律で最大29.2%と上限が決定されています。これ以上高い金利には絶対になりません。

キャッシングの返済方法は?

それぞれの金融業者によって少しずつ違いはありますが、下記のような返済方法が一般的となっています。

・業者が提供するATM
・銀行からの振込
・銀行での引き落とし
・コンビニエンスストアでの支払い

返済日(支払日)は必ず決まっている?

こちらも各金融業者によって多少違いはあります。一般的に以下のような返済日のパターンがあります。最近は、返済日を選択できる金融業者も増えています。もちろん、今日借りて明日返すことも可能です。

・毎月指定した日
・給料日の数日以内
・借入から30〜35日サイクル
・業者が提供する約定日

注目サイト

バンドTシャツを探す

Last update:2018/10/18

Copyright (C) 2008 キャッシングの基本  All Rights Reserved.