キャッシングガイド

キャッシングの流れ

平日だと仕事などで、なかなか銀行に出向く時間が取れずに、結果的に出金するのは時間外や週末・・・という方も少なくありません。しかし、その度に時間外手数料がかかってしまいます。少しでも金利の良い金融商品を・・・と探している一方で、手数料を取られているというのはものすごくもったいない話です。現金化 消費者金融 などを考えると変わりに利用もいいかもしれません。

時間外の手数料や、コンビニATMの利用手数料が無料になる等というサービスを各金融機関も実施していますが、そのサービスを受けるためのハードルをクリアするにはいくつかの諸条件もあり、意外にハードルが高いこともあります。このような際には、高金利というイメージのあるキャッシングの方が銀行手数料より結果的に安くなることも少なくありません。

キャッシングローンの返済は、基本的にはリボ払い(毎月一定額を返済)となりますが、一括返済も可能となり利息は日割り計算となります。すなわち、年利18%のものでも、1日あたりの利息は0.049%(1年365日として計算)程度。借入金額がさほど高額でなく、短い日数で返返済可能なのであれば、銀行の手数料より安くすむと言うわけです。

ですが、出金する場合は近くのコンビニが利用できても、コンビニのATMは硬貨の取扱いができないものがほとんどでしょう。つまり、利息額と合わせて丁度の額を一括返済するためには、提携銀行のATMを利用することになります。銀行のATMも、本支店ではないと硬貨が取り扱えないので、銀行の店舗が利用しやすい場所にあるかどうかが重要となります。何日も返済ができないような場所だと、逆に利息がついて不利になりかねません。実際に利用する場合には、キャッシングの利便性に加えて、なるべく早く返済するためにも考え返済のしやすさ等も含め決めましょう。また、万一延滞などしてしまった場合は、その後のカードやローンの審査に影響を及ぼす事もありますから、返済には十分気をつけて活用しましょう。返済が困難になってしまった場合は、任意整理も考える必要性が出てくるかもしれませんから。クレジットカードでお金を得る事は難しくありませんが、その分気を付けないといけないことが沢山あります。


キャッシングの申込みの流れ

キャッシングやカードローンというと、借りやすいというイメージがありますが、やはり申込みの手間は多少掛かかります。そこでのページでは、実際のカードローン申込みの流れについてお話していきます。もし、めんどくさいと思ったらクレジットカード現金化を利用してみてはいかがでしょうか。



1.キャシングローン会社を選ぼう
「金利ができるだけ低いものを選ぶ」、「数日で返す予定なら、当初数日間は無利息のタイプを選ぶ」「借りる金額が大きい場合は、利用限度額で選ぶ」など、あなたが利用する目的によっても選ぶべきローン会社は全く違ってくるでしょう。また、目的にあったローン会社を選ぶことも重要でしょうが、その金額で、その金利で無理なく返済ができるのかということが一番の重要なポイントと言えるでしょう。
2.次に申込み
申込みの方法は、各金融会社の窓口での申し込みはもちろんのこと、多くのカード会社ではインターネットからの申込みも可能になっています。ただ、インターネット上からとは言え、自分の住所、勤務先、住居についてなどの必要事項を入力することが必至ですから多少の時間はかかってしまいます。前年度税込み年収や、保険証区分なども入力する場合がありますので、事前に準備しておくとスムーズに申し込みが出ます。
3.審査を受ける
申込みはインターネット上で行った場合でも、その後は勤務先に確認の電話が掛かってきます。その際に、入力した事項について質問される場合もあるでしょう。なお、高額(通常50万円以上)融資の際には、収入証明(源泉徴収票など)が別途必要となります。
4.キャシングカードの受取り
審査を通ってカードを受取る場合には、契約書を結び本人確認が必要となります。運転免許証のコピーなどを郵送あるいは持参するなどして、最終的なカード受取りとなります。受取り方法は郵送、窓口のほかにも、銀行内やコンビニにあるカード自動発行機で行えるカード会社もあります。ですから窓口に出向かずとも、当日中にカードを受取ることが可能になります。この際は、カード自動発行機を通してオペレーターと通信しながら契約書の締結、本人確認書類の送付をするという流れになります。

 

注目サイト

コサージュ

東京のiphone修理ショップ

誕生日ケーキを通販でお取り寄せ

2018/10/18 更新

Copyright (C) 2008 キャッシングの基本  All Rights Reserved.